文字の大きさ

共通

北いぶき蔬菜類生産組合 ミニトマト栽培講習会開催

2018年3月1日

北いぶき蔬菜類生産組合(真島秀樹組合長)は3月1日、本所2階小会議室にてミニトマト栽培講習会を開催しました。
始めに、過去年度のJA北いぶき産、他産地産、道内産全体のミニトマト出荷・販売データを基に、ホクレン岩見沢支所農産園芸課の中川卓也係長から、これまでの傾向と今後の対策、販売提案について話して頂きました。続けて、普及センターの髙橋普及員より、出荷量のピークをずらすための肥培管理や摘房・摘心処理について話して頂き、講習会が終了しました。

共通

平成29年度、JA北いぶき管内から北海道指導農業士2名、北海道農業士2名が誕生!その称号が授与されました!

2018年2月20日

2月20日、札幌市内で平成29年度北海道指導農業士・北海道農業士称号贈呈式が行われ、横山昌利氏(沼田東部東)、伊藤淳氏(沼田東部西)が北海道指導農業士、平泉真美氏(沼田西部)、関吉淳氏(妹背牛南)が北海道農業士の称号を授与されたことから、JA本所へそれぞれ報告に訪れました。
4名の皆様の更なるご活躍により、地域農業はもちろん、北海道農業が益々発展されますことをご期待しています。称号授与、誠におめでとうございました。

妹背牛

水稲直播栽培技術講習会開催

2018年2月19日

2月19日、妹背牛町水稲直播研究会(佐藤忠美会長)は、妹背牛支所3階大ホールにて会員他JA北いぶき管内の生産者や関係機関を含めた約50名が出席する中、水稲直播栽培技術講習会を開催しました。
最初に行われた講演では、北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場研究部地域技術グループ主任主査の田中一生氏をお招きし、水稲直播向けの新品種「上育471号」について、現行品種の「ほしまる」と比較させながらその特性等の説明をして頂きました。
その後、研究会の顧問を務める妹背牛町の佐藤悟農業技術指導員より、平成29年度の直播栽培結果を踏まえた課題の解析と今後の対応策について話して頂き、最後に、資材メーカー各社より商品の紹介が行われ、講習会が終了しました。

共通

平成29年度 北育ち元気塾 閉講式・第8回研修会開催

2018年2月9日

2月9日、北空知農業後継者育成支援協議会(渡邊滋典会長)主催「北育ち元気塾」の平成29年度閉講式並びに第8回研修会が本所3階大ホールにて開催されました。
閉講式には、塾生をはじめ関係者が多数出席し、主催者並びに来賓挨拶後、全8回の研修の精勤賞表彰が行われ、3名を表彰して閉講式が終了しました。
第8回研修会では、北海道指導農業士の藤岡和正氏(秩父別)による講演や食味官能試験、水稲の播種と育苗についての研修が行われました。

共通

第7回 WOMEN’Sカレッジ及びWOMEN’Sカレッジ閉講式

2018年1月31日

1月31日、本所3階中会議室にて、3名参加のもと第7回WOMEN’Sカレッジ及びWOMEN’Sカレッジ閉講式が行われました。
今回は、カラーセラピスト等の数々の資格を持ち、北海道観光大使を務める青山千景氏による記念講演が行われ、「自己分析のアートセラピー」等が実施されました。「自己分析のアートセラピー」では、1枚の用紙に川や山など青山氏が挙げたものを順番に描き、完成した風景画から自己分析を行うといったもの。受講生だけでなく担当のJA職員も挑戦しました。全員の絵が完成した後、青山氏は描いたものがそれぞれ何を意味するのかを順番に説明し、また、描いたものの大きさや形、数、描かれたものの配置によって、自身が今置かれている状況や内面等が表されると話し、意外な分析結果に苦笑いする人や納得した様子で頷く人の姿が見られました。
講演後の閉講式では、JA篠田組合長、普及センターの久保支所長からそれぞれ祝辞が述べられ、精勤賞として西谷あゆ美さん(秩父別)と宮崎理美さん(妹背牛)を表彰しました。

共通

ビジネス・メンタルヘルス研修会開催

2018年1月23日

JA北いぶきは1月23日、本所3階大ホールにて全職員を対象とした「ビジネス・メンタルヘルス研修会」を開催し、職員118名が出席しました。
講師には、ビジネスマナースペシャリストや産業心理カウンセラー等、様々な資格を持ち、年間250回以上も全国各地で研修や講演を行っている青山夕香氏をお招きしました。
始めに、青山氏は職員同士で挨拶や会話を実践させ、その後、日頃何気なく行っている仕草や振る舞いには隠れたメッセージがあり、自分では意識していなくても相手には伝わっていると説明。相手に気を配り、あいさつやお辞儀も丁寧に、正しい言葉遣いで対応するといった心がけが必要と述べられました。
メンタルヘルスについては、仕事やプライベートにおいてストレスの原因となりうるもの、また、メンタルヘルスが不調の時に見受けられる様々な行動を挙げ、それぞれ当てはまる項目が無いかを確認。早い段階での原因解消やストレス発散、そして自身や仲間の理解が必要だと話されました。

« Prev1...34567...27Next »