文字の大きさ

共通

第15回 北いぶき農業協同組合 通常総代会開催

2018年4月10日

第15回となる北いぶき農業協同組合通常総代会が4月10日、本所大ホールで開催されました。
当日の出席者は、総代会日現在245名の総代に対して、本人出席が170名、代理人出席が5名、書面議決者が34名で(出席率は85%)定刻の午後1時30分に開会致しました。
先人の功績を偲び黙祷を捧げた後、JA綱領を全員で朗唱。引き続き、JA篠田組合長の開会挨拶、金平沼田町長、岡本信連岩見沢支所長から祝辞が述べられ、その後、議長には田中智行氏(妹背牛地区)を選出し議事が進められました。
主な決議事項として、第6次地域農業振興計画、農協中期経営計画(ケイ酸質実証圃事業、園芸ハウス導入支援事業)を始め平成30年度の事業計画等、予定していた全議案が可決承認されました。
更にJA北海道大会決議事項の着実な実践に関する特別決議について、満場一致で採択されました。

妹背牛

㈱佐藤農場「第47回日本農業賞」大賞受賞祝賀会開催

2018年4月4日

㈱佐藤農場(代表取締役・佐藤忠美氏、妹背牛北)の「第47回日本農業賞」個別経営の部における、大賞受賞の功績を讃えて、JA北いぶきは4月4日、妹背牛町民会館にて祝賀会を開催。関係者ら108名がお祝いにかけつけ、その喜びを分かち合いました。
JA職員の先導により、佐藤代表と取締役である妻・聖子さんが入場すると、会場からは盛大な拍手が鳴り響き、その後、主催者を代表しJA篠田組合長の挨拶と、田中妹背牛町長をはじめ、来賓の方々から祝福の言葉が贈られました。続けて、同農場の構成員である娘の亜紀さんと、孫の咲聡君から夫妻に花束が手渡されると、会場内は和やかな雰囲気に包まれ、出席者一同の笑顔で溢れました。
佐藤代表はこれまで支え協力してくださった方々に対し感謝の言葉を述べつつ「今後の地域農業の道しるべになれば幸せです。これからも微力ながら、効率化農業を進めていきたい」と語られました。

共通

未来の農業応援団のために!今年も管内の美味しいお米を給食用に寄贈しました!

2018年4月4日

4月4日、JA北いぶき、JAきたそらちの両JAで構成される、北空知広域農業協同組合連合会(会長・篠田雅JA北いぶき組合長)は、北空知圏学校給食組合(組合長・山下貴史深川市長)に対し、管内で生産した「ななつぼし」約5tを学校給食用として寄贈する贈呈式を深川市役所にて行いました。
同会によるこの取り組みは今年で4年目。地産地消や食育、給食費の負担減を目的として、約2ヵ月相当分のお米が順次届けられています。
この日は篠田会長と柏木会長代理(JAきたそらち組合長)から山下市長へ目録が手渡され、篠田会長は「管内の美味しいお米を食べて、味覚をしっかりと持ち、社会に出た時に地域農業の応援団になって頂きたい」とその思いを語られました。